internetdating uk Updating multiple select with ajax

Because both methods are now in the same file as the web part, instead of defining a global variable to hold the URL of the current site, you can access it directly from the web part context using the property.

Additionally, in all REST queries, the fixed list name is replaced with the value of the list Name property which holds the name of the list as configured by the user.

This article illustrates how you would migrate a Share Point customization using Full Calendar built with the Script Editor Web Part to the Share Point Framework.

To illustrate the process of migrating a Share Point customization using Full Calendar to the Share Point Framework you will use the following solution that shows a calendar view of tasks retrieved from a Share Point list.このソリューションは、PAIT Group の Office Servers、Services MVP、および Chief Strategy Officer である Mark Rackley 氏の作業に基づいています。オリジナル ソリューションの詳細については、 を参照してください。This solution is based on the work of Mark Rackley, Office Servers and Services MVP and Chief Strategy Officer at PAIT Group.

You should now see the tasks displayed in a calendar view using the Full Calendar j Query plugin.前の手順では、スクリプト エディター Web パーツから Share Point Framework にタスク カレンダーのソリューションを移行しました。ソリューションはすでに予期したとおりに動作しているものの、Share Point Framework の利点をどれも活用していません。コードにはタスクの読み込み元であるリストの名前が含まれており、コードはType Script に比べてリファクタリングが難しいプレーンな Java Script です。既存のソリューションを拡張して、データの読み込み元であるリストの名前を指定できるようにする手順を次に示します。その後、型安全性機能のメリットを享受できるよう、Type Script にコードを変換します。In the previous steps you migrated the Tasks calendar solutions from Script Editor Web Part to the Share Point Framework.

While the solution already works as expected, it doesn't use any of the Share Point Framework benefits.

Just as in the original solution, the next step is to define the location where the calendar should be rendered.

In the code editor, open the ./src/webparts/tasks Calendar/Tasks Calendar Web file and change the render method to: The last step is to include the code that initiates the Full Calendar j Query plugin and loads the data from Share Point.Share Point Framework にスクリプト エディター Web パーツに基づくカスタマイズを移行することで、よりユーザー フレンドリな構成、ソリューションの一元管理など数多くのメリットが得られます。次に Share Point Framework にソリューションを移行する方法の手順を追って説明します。まず、オリジナルのコードの変更を最小限に抑える形で Share Point Framework にソリューションを移行します。次に、ソリューションのコードを Type Script に変換し、開発時に型安全性の恩恵を受け、コードの一部を Share Point Framework API に置換して機能をフル活用するとともに、ソリューションをさらに簡素化できます。Transforming a Script Editor Web Part-based customization to the Share Point Framework offers a number of benefits such as more user-friendly configuration and centralized management of the solution.Following is a step-by-step description of how you would migrate the solution to the Share Point Framework.The easiest way to do that, is by moving the contents of the file to the main web part $: any = require('jquery'); var moment: any = require('moment'); import 'fullcalendar'; var COLORS = ['#466365', '#B49A67', '#93B7BE', '#E07A5F', '#849483', '#084C61', '#DB3A34']; は、後で使用するコードで参照されるため、その名前が Type Script で識別されるようにしておかないと、プロジェクトのビルドが失敗します。j Query についても同じです。Full Calendar は、j Query オブジェクトに付加される j Query のプラグインであるため、以前と同じ方法でインポートすることができます。最後に、さまざまなイベントをマーキングするために使用する色のリストをコピーします。Because is referenced in the code that you will be using later, its name must be known to Type Script or building the project will fail. Because Full Calendar is a j Query plugin that attaches itself to the j Query object, it can be imported the same way as previously.The last part, includes copying the list of colors to use for marking the different events.先ほどに比べると、いくらかの変更がコードに加えられています。プレーンな Java Script の関数は、function のキーワードを private 修飾子に置き換えることにより、Type Script メソッドに置き換えられています。それらを Task Calendar Web Part クラスに追加できるようにするために、これが必要です。これで両方のメソッドが Web パーツと同じファイルに入るため、現在のサイトの URL を保持するグローバル変数を定義するのではなく、There are a few changes in the code comparing to the previous situation.In the ./src/webparts/tasks Calendar folder, create a new file named and paste the following code:var moment = require('moment'); var PATH_TO_DISPFORM = Absolute Url "/Lists/Tasks/Disp Form.aspx"; var TASK_LIST = "Tasks"; var COLORS = ['#466365', '#B49A67', '#93B7BE', '#E07A5F', '#849483', '#084C61', '#DB3A34']; display Tasks(); function display Tasks() function update Task(id, start Date, due Date) このコードは、スクリプト エディター Web パーツのカスタマイズのオリジナル コードとほぼ同じです。唯一の違いは、オリジナル コードでは Share Point が設定したグローバルな _sp Page Context Info 変数から現行 Web の URL を取得するのに対して (8、45、96、104 行目)、Share Point Framework のコードでは、Web パーツに設定するカスタム変数を使用する点にあります。Share Point Framework のクライアント側 Web パーツは "クラシック" および "モダン" ページの両方で使用できます。_sp Page Context Info 変数は、"クラシック" ページでは使用できますが、"モダン" ページでは使用できず、これに依存することはできないため、自分で制御するためのカスタム プロパティを設定する必要があります。This code is almost identical with the original code of the Script Editor Web Part customization.